本文へ移動

里山プロジェクト

里山プロジェクトとは

当法人では、平成28年度に稲城市の南山山林3,975㎡(約1204坪)を取得しました。取得目的は里山保全として購入いたしました。4園の園児が保育活動の拠点として「自然と親しむ体験保育」を行う場として活用していきます。また。地域貢献活動として里山を整備しを地域の親子の自然体験の場としても活用していきます。里山活動している「NPO法人めぐみ里山」「NPO法人里山プロジェクトみなみ」「NPO法人東京稲城里山義塾」と連携して南山西地区の里山保全活動に取り組んでいきます。

里山プロジェクトキックオフ

里山プロジェクトキックオフ平成29年3月4日
篠竹の伐採

里山オープニングセレモニー

里山の活動報告

植樹祭

6月7日(木)NPO法人里山プロジェクトみなみの方々と一緒に、城山保育園南山の4・5歳児クラスのお友だちが、「山つつじ」の植樹を行いました。
真剣に植え方の話を聞く子どもたち(*^_^*)二人一組になって一つの木を穴に植えていきました。そーっと優しく持って穴に入れてから優しく土のお布団をかけてあげる事が出来ました!最後は「おおきくなーれ!」とみんなでおまじない♪大きく育ってくれるのがとても楽しみになったようなので、里山に行く際にはみんなで観察していきたいと思います!
帰りには菖蒲がきれいに咲いている道を通って帰りました。

11月3日(土)里山で遊ぼう会イベント『木を切る体験・ペンダントやブンブンこま作り』

11月3日(土)NPO法人稲城里山義塾の方々と一緒に、自然物でペンダントやブンブンごま作りをしました。当日は法人4園のお友だちが遊びにきてくれました。
ブンブンごまやペンダントに使う木を切っているのをじっとみていたので、「自分で切ってみる?」と声を掛けると何故か首を横に振る子どもたち。真剣に切っている様子を見ていました。切ってもらった木に色を塗ったり穴をあけたりと制作活動。子どもだけじゃなく、大人も夢中になってしまいました。
水仙の球根を子どもたちと植えていると、土の中から大きな幼虫が現れ、子どもたちじっくり観察していました。他、木にぶら下がっているブランコやハンモッグで遊んだり、斜面滑りでお尻を真っ黒にして遊んでいた子どもたちの元気な姿が沢山みることができました。

利用申込書

TOPへ戻る